新着情報

◆2016/01/28
妄想と想像で繰り広げられるオナニーを新規投稿しました。
◆2016/01/28
スタンダードな亀頭オナニーをまずは制すを新規投稿しました。
◆2016/01/28
五感を閉じトランス状態に入る催眠オナニーを新規投稿しました。
◆2016/01/28
擦り付けオナニーで初心者の入り口を通過するを新規投稿しました。
◆2016/01/28
満足度がかなり高い禁欲オナニーのすべてを新規投稿しました。
キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

難易度が最も高いと称されるセルフフェラオナニー

セルフフェラのやり方

やり方自体はとても単純で、チングリ返しの姿勢や床やベッドなどに座って前屈するように体を折って自分のペニスにしゃぶりつき、自分でしゃぶるだけです。
舐めるだけ、口でしゃぶって扱くなどやり方は自分の好みと自分が可能な範囲で好きなように変えても問題ありません。

セルフフェラの特徴

一番の特徴はとにかく難易度が高いことですね。
やり方自体は単純なのですが、かなりの柔軟性が必要になりますのでよっぽど体が柔らかい人でないとまず実行段階にまで行くことができません。
そして、仮にできるほどの柔軟性を手に入れても自分のペニスをフェラチオするということに対しての精神的抵抗などもありますので中々実際にやろうとする人がいません。
無理にとどかせようとすると体を痛めてしまう人もいたりと、実際にやろうとしたが挫折してしまった人は数多くいます。

セルフフェラオナニーの注意点

一番はとにかく無理をしないことです。
自分の股間に顔を届かせるのは、想像以上の柔軟性が必要でスポーツ選手並みに体が柔らかくなくてはいけません。
なので、無理にやろうとすると首や腰を痛めたり、転げ落ちて体を売って怪我をしたり病院送りになってしまうなどの事故者も多発しています。
もうひとつ、セルフフェラは体の柔らかさもそうなのですがペニスが大きくないと届きにくいということもあります。
つまり、ペニスの大きさと難易度の高さが反比例しているのであまりペニスが大きくない人にはお勧めすることができないオナニーです。

▲PAGE TOP