新着情報

◆2016/01/28
妄想と想像で繰り広げられるオナニーを新規投稿しました。
◆2016/01/28
スタンダードな亀頭オナニーをまずは制すを新規投稿しました。
◆2016/01/28
五感を閉じトランス状態に入る催眠オナニーを新規投稿しました。
◆2016/01/28
擦り付けオナニーで初心者の入り口を通過するを新規投稿しました。
◆2016/01/28
満足度がかなり高い禁欲オナニーのすべてを新規投稿しました。
キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

五感を閉じトランス状態に入る催眠オナニー

催眠オナニーのやり方

催眠オナニーをするには、催眠オナニー音源と性能のいいヘッドホンを準備しましょう。
静かで、他の雑音があまり入ってこない空間を用意し、ベッドの上や布団の上に寝転がり、催眠オナニー音源を再生してヘッドホンを装着し、できればアイマスクなどを付けると集中しやすくなると思います。
後は、催眠オナニー音源の音声に従って頭の中でイメージしていくだけというようなやり方となって今うs。

催眠オナニーの特徴

一種のトランス状態に入り、ドライオーガズムや夢精状態などを目指すようなオナニーなので初心者ではまず一発で射精まで持っていくことができないものだと思っておきましょう。
何度も何度も繰り返していくことで、だんだんと催眠状態に入りやすくなっていく、というような種類のものなのでとにかく根気が必要です。
さらに、催眠オナニー音源というのは結構長く30分から1時間くらいかかるものなので、時間の確保も必要になってきます。

催眠オナニーの注意点

催眠術というのは、かかりやすい人とかかりにくい人がいますので人によっては何度やっても全く催眠オナニーが効果がないという人もいます。
そして、逆に極端に催眠術にかかりやすい人は絶大な効果を得ることができる反面でしっかりと解除音声まで用意しておかないとずっとトランス状態に入りっぱなしだったり、ずっと催眠状態が続いてしまったりします。
特に、思い込みの激しい人などは催眠オナニーもトランス状態に入りやすいので、解除までワンセットで考えるということを忘れないようにしておきましょう。

▲PAGE TOP