新着情報

◆2016/01/28
妄想と想像で繰り広げられるオナニーを新規投稿しました。
◆2016/01/28
スタンダードな亀頭オナニーをまずは制すを新規投稿しました。
◆2016/01/28
五感を閉じトランス状態に入る催眠オナニーを新規投稿しました。
◆2016/01/28
擦り付けオナニーで初心者の入り口を通過するを新規投稿しました。
◆2016/01/28
満足度がかなり高い禁欲オナニーのすべてを新規投稿しました。
キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

バナナオナニーで猿並みに快感を得る

バナナオナニーのやり方

バナナオナニーと聞くと、女性がバナナをペニスに見立てて膣を刺激するオナニーだという風に見られがちですが実は男性向きのバナナオナニーというものもあります。
まず、やり方はバナナの先を切り落として入口を作りスプーンなどで中身の果肉を全部出してしまいます。
そして、空になった筒状の残ったバナナの中にペニスを挿入するというやり方になります。
入口が狭くて入らないという人は、自分のペニスの太さで入るくらいのあたりで入口を作るといいでしょう。
後は、バナナの皮の中のヌルつきを利用して握りこみ圧迫しながらペニスを刺激するというやり方になります。

バナナオナニーの特徴

知っての通り、バナナの皮は踏んだら滑って転ぶというようなイメージがあるくらいにヌルヌルしていてよく滑ります。
しかし、その感覚がペニスを扱くときの快感につながりやすいんですね。
しかも、バナナはペニスに見立てられることがあるくらい形状も似ていますので、皮の大きさなどもマッチしやすいのです。
ある意味では、オナホールとして最適な自然界の形をしていると言ってもいいでしょう。

バナナオナニーの注意点

ただ、バナナは自然食品であってオナニーのためにあるようなものではないですからね。
バナナは人によっては敏感な粘膜にこすり付けると痒くなったりすることもありますので、そういう人はコンドームをつけてから利用するといいでしょう。
それと、バナナは食品ですから当然長いこと置いておくと腐ります。
雑菌も繁殖しやすいので、必ず使う直前に準備し使ったら捨てて使いまわさないようにしましょう。

▲PAGE TOP